皆さまへの感謝の気持ちを込めて、
プレゼントやイベントなど楽しい企画や情報をお届けいたします。

プレゼントキャンペーンPRESENT CAMPAIGN

豪華商品が当たる!

期間
2018年9月1日(土)~10月31日(水)

その他、豪華賞品もぞくぞく登場!
詳細は9/1公開!

30周年記念番組30th ANNIVERSARY PROGRAM

みんなの30年 ~南陽市編~

●9月の毎週水曜日放送

NCV米沢センター開局30周年記念番組。
NCVで撮りためた30年分の映像をもとに、記憶に残る、懐かしい「あの日、あの時」の出来事を地域の皆さんとともに振り返ります。
9月は南陽市編です。

LINEスタンプLINE STAMP

30周年LINEスタンプ販売中!

30th

ケーブルテレビNCVキャラクター"チャネルヒカリ"のLINEスタンプ第2弾! NCV米沢センター30周年記念スランプ登場!
チャネルヒカリと一緒にLINEを楽しみましょう♪

LINE STOREへ
LINEスタンプ
LINE STOREへ

チャネルヒカリダンスCHANNEL HIKARI DANCE

チャネルヒカリと一緒にダンスを踊ろう!

米沢センター開局30周年を記念した「チャネルヒカリのピカピカダンス」の第二弾としてNCVスタッフVer.が完成しました。
30周年の感謝の気持ちを込めて、米沢・函館・新潟・福島、全センターのスタッフで踊りました。是非ご覧ください!
第一弾の「ひとくち餃子Ver」はこちら!

30周年記念CM30th ANNIVERSARY CM

おかげさまでNCV米沢センターは、開局30周年を迎えました。
イベントやキャンペーンなど楽しい企画をご用意しておりますので、お楽しみに♪

NCVの歴史 篇

お陰様でNCVは、平成元年の開局から数え、30周年の節目を迎えることができました。
これまでのNCVの歩みやサービス内容、未来への展望などをVTRにまとめました。

NCVの仕事 篇

詳細が入ります。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私とNCV「◯◯◯◯◯◯」 篇

詳細が入ります。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私とNCV「◯◯◯◯◯◯」 篇

詳細が入ります。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私とNCV「◯◯◯◯◯◯」 篇

詳細が入ります。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

社長あいさつTOP MASSAGE

わたしたちはチャレンジを続けていきます。

NCVは、平成元年4月1日に、山形県米沢市でサービスを開始し、おかげさまで、30周年の節目を迎えることができました。これもひとえに、地域の皆様のご愛顧の賜物と心より御礼申し上げます。 NCVは、当初から、多チャンネル化はもちろん、コミュニティチャンネルの制作に力を入れ、地域の出来事をきめ細かく取材し、地域の記録係としての役割を担ってまいりました。その後、放送事業に加え、インターネット、電話、アプリケーション開発、IoTなど、地域に必要とされる様々な事業に取り組んでおります。これからも地域と深く結びつき、新たな技術に挑戦するという基本理念のもと、わたしたちは「地域に根ざしたメディア」、「地域の情報通信事業者」として、地域に夢を提供し、生活を豊かにするため、チャレンジを続けてまいります。

株式会社ニューメディア 代表取締役社長 金子 敦

30年の歴史HISTORY

1983 9月 郵政省テレトピアモデル都市構想の提唱
1985 3月 「米沢広域都市圏」(米沢市、南陽市、高畠町、川西町)が第一次テレトピアモデル都市に指定(全国20都市)
1986 6月 株式会社ニューメディア米沢設立(第三セクター)
1989 4月 開局 本放送開始(エリア:米沢市)
1995 3月 南陽市へエリア拡大
12月 山形大学工学部、米沢女子短期大学間インターネット接続実験開始
1996 3月 高畠町中心部へエリア拡大
7月 郵政大臣より第1種電気通信事業許可
12月 川西町中心部へエリア拡大
1997 4月 デジタルデータ伝送(エリア内イントラネット)事業開始
10月 郵政省・地域マルチメディアハイウェイ実験協議会によるCATVインターネットを使った地域イントラネット実証実験の指定
1998 4月 インターネットを含むデジタルデータ伝送事業開始
2000 7月 社名を「株式会社ニューメディア米沢」から「株式会社ニューメディア」に改称
2001 4月 函館センター開局
2002 3月 函館地区七飯町へエリア拡大
4月 米沢地区山形県情報ハイウェイネットワーク光回線接続
2003 4月 函館市西部地区他へエリア拡大
11月 函館市銭亀・西桔梗地区へエリア拡大
2004 4月 函館地区BS・CSデジタル多チャンネル「デジタルパック」本放送開始、函館市役所他7施設光回線接続
2005 11月 函館市住基ネットワーク光回線接続
12月 米沢地区地上デジタル放送再送信開始
2006 7月 函館地区地上デジタル放送再送信開始
10月 米沢地区デジタル多チャンネル放送サービス開始
2007 2月 米沢地区アナログ仙台波再送信終了
3月 函館地区加入3万件突破
3月 緊急地震速報試験運用開始
2008 6月 米沢地区、函館地区でWiMAX仮免許取得
7月 函館センタースタジオ等増築竣工
9月 株式会社メディアッティ・コミュニケーションズから 株式会社ケーブルネット新潟の経営権取得
2009 1月 株式会社ケーブルネット新潟と合併
4月 電話事業開始
2010 4月 高度情報化事業による川西町エリア拡張(玉庭、東沢、犬川、小松、大塚、中郡、吉島)
10月 WiFi(無線LAN)を利用した無料インターネット接続サービス、AirNCVの開始
2011 9月 米沢市情報通信整備事業による米沢市エリア拡張(万世、窪田、上新田、田沢、小野川・簗沢、白布)
2012 11月 インターネットヒカリサービス、NCVヒカリギガコース(2年割)の新設
11月 タブレット(iPad、Lifetouch)レンタル、販売サービスの開始
2013 10月 新潟FTTH事業開始
2014 5月 高畠町和田地区へエリア拡張
7月 NCVスマートテレビサービスの開始
8月 新潟センター 新局舎移転
2015 12月 MVNOサービス開始
2017 7月 福島市でのケーブテレビ事業開始
2018 4月 開局30周年