• Nトピ
  • 更新日 2019年8月16日

先祖の供養と五穀豊穣願って

米沢市の「綱木獅子踊り」が15日、綱木地区内の円照寺跡地で奉納された。「綱木獅子踊り」は綱木に隠れ住んだ平家の生き残りが先祖の供養と五穀豊穣を祈って踊ったのが始まりとされ、430年以上の歴史をもつ。初めに笛や太鼓を響かせながら集落を練り歩く「道中流し」が行われた。その後円照寺跡地では「関東肥挟み踊り」「角田中村踊り」「十七下り」の3つの演目を、3頭の獅子が力強く舞い踊った。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ