• Nトピ
  • 更新日 2019年3月15日

協働の地域づくりを考える

おきたま地域未来フォーラムが14日、米沢市の伝国の杜で開かれた。置賜総合支庁が主催したもので、行政職員やNPO職員、自治組織関係者、地域住民など約70人が出席。基調講演では、とちぎ市民協働研究会代表理事の廣瀬隆人さんが「地域づくりの大切な目的には主体形成があり、地域づくりの担い手を意図的、計画的、組織的に育成する営み」と訴えた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ