• Nトピ
  • 更新日 2019年5月16日

大塚小児童が虫眼鏡手に観察

環境省の絶滅危惧種に指定されているチョウセンアカシジミの観察会が16日、川西町立大塚小学校で開かれた。この日は、チョウセンアカシジミを守る会川西町代表の相馬孝一郎さんの指導の下、幼虫の観察を行った。参加した児童は、虫眼鏡を手に幼虫を探し、じっくりと観察しながら特徴などをノートに書きこんでいた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ