• Nトピ
  • 更新日 2019年8月24日

季節を彩る「秋」の草花を楽しむ

川西町の下小松古墳群で24日、散策と秋の山野草を楽しむ観察会が開かれた。里山と下小松古墳群を守る会の会員など約10人が参加し、やまがた公益の森づくり支援センターの白壁洋子さんの案内で約2キロを散策した。下小松古墳群では、「秋の七草」のうち6種類の植物が自生していて、参加者は、写真を撮ったり眺めたりしながら自然の景色を楽しんでいた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ