• Nトピ
  • 更新日 2019年2月11日

最後の一投で決まる勝負も

南陽市の市民カローリング大会が10日、市民体育館で開かれた。今年の大会には、5歳の子供から80代の高齢者まで、去年の2倍の24チーム・約80人が出場。ゲームの終盤になると白熱した展開となり、最後の一投で勝負が決まる場面も見られた。老人クラブの会員や友人同士、中には家族で参加したチームもあり、和気あいあいとプレーを楽しんでいた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ