• Nトピ
  • 更新日 2019年3月15日

死者数減少めざし運動展開

平成30年度置賜地区交通安全対策協議会幹事および交通安全母の会会長合同会議が14日、米沢市の置賜総合支庁で開かれた。新年度の事業計画では、交通事故の死者数の減少を図るため、関係機関や団体が連携を図り、交通安全県民運動を強力に展開することを基本方針に掲げた。今年度の置賜地区での交通事故発生件数は850件で、前の年より148件減少したものの、死者数は17人で7人増加している。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ