ご加入者様
専用ページ
  • Nトピ
  • 更新日 2020年9月16日

的確な搬送方法などを確認

山岳遭難救助訓練が16日、米沢市の天元台高原スキー場で行われた。置賜広域行政事務組合米沢消防署が毎年行っているもので、消防や警察、市の関係者など30人が参加した。要救助者の搬送訓練では、そり型のバスケット担架を使った運び方と、背負い式のハーネスを使った方法の2つを実践。参加者はそれぞれの動作を確認し、実際の山岳救助に備えた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら