• Nトピ
  • 更新日 2018年10月12日

約300人が詩吟を披露

詩吟の愛好者たちが日ごろの修練の成果を発表する山形県南吟詠大会が7日、米沢市の市民文化会館で開かれた。大会は、置賜地区に8つの支部を持つ吟道岳鷹会が毎年開いている。大会には約300人が参加し、詩吟や剣舞、詩舞を披露した。会場には県内外から多くの愛好者が訪れ、詩吟の世界を堪能していた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ