• Nトピ
  • 更新日 2019年7月16日

自分の命を大切にして

命の大切さについて学ぶ教室が11日、九里学園高校で開かれた。教室は九里学園と米沢警察署が命の大切さを伝えようと開いたもので、講師には交通事故遺族の会「こまくさの集い」代表の渡邊理香さんが招かれた。平成8年に当時小学1年生だった娘を交通事故で亡くした渡邊さんは、生徒達に自らの当時の悲痛な思いを語り、「あなた方はあなたしかいない、他の人には代えられない大切な存在です」と命の大切さを訴えた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ