• Nトピ
  • 更新日 2018年10月12日

赤湯小敷地に来春オープン

来年4月から南陽市立赤湯小学校の敷地内に新しくオープンする学童保育施設の新築工事の起工式が12日、現地で行われた。神事では、白岩市長など8人が神前に玉串を捧げ工事期間中の安全を祈った。新たに建設される学童保育施設は木造平屋建てで延べ床面積は約250平方メートル。児童が活動する部屋が3室設けられる他、車椅子用のトイレも設置される。完成は来年3月8日の予定で、市では既に入所児童の募集を開始している。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ