• Nトピ
  • 更新日 2018年11月9日

鮭給食で大槌町を応援

東日本大震災の被害を受けた岩手県大槌町を応援しようと9日、川西町内すべての小中学校7校の児童と生徒合わせて1054人に大槌産の鮭が提供された。鮭は鮭フライや鮭の塩焼きにして提供。小松小学校2年1組には淀野芳広教育総務課長が訪れ、子供達と一緒に鮭の塩焼きを味わった。子供達は、淀野総務課長から鮭給食が行われている理由や、大槌町の場所などを教えてもらいながら、脂ののったおいしい鮭をぱくぱくと食べ、あっという間に完食していた。

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら
TOPへ