ご加入者様
専用ページ
  • 番組情報
  • 更新日 2020年10月12日

おきたまごはん#3「食用菊」

放送日2020年10月2日~10月31日(毎週金)9:00~他

地元食材の美味しさと食文化の素晴らしさをご紹介する番組「おきたまごはん」

今回のテーマは「食用菊」

 

川西町の食用菊農家、佐藤昭一さんのハウスにおじゃまして

収穫の様子を取材させていただきました。

収穫期間中は毎朝午前3時から作業を行っているという佐藤さん。

取材におじゃました日も、奥様のよう子さんと一緒に

黄色が鮮やかな「寿」という品種の食用菊をひとつひとつ丁寧に収穫していました。

 

 

また、米沢市在住の野菜ソムリエ樋渡由美さんには

食用菊を使ったレシピを紹介してもらっています!

もって菊を使ったおしゃれで簡単なレシピですので

みなさんもぜひ作ってみてくださいね!

 

 

 

「もって菊と蒸しアケビの肉みそ」

 

【材料】(4人分)

ゆでたもって菊 100g

アケビ 4個

牛肉 100g

舞茸 100g

シソの葉(大葉) 5枚

サラダ油 大さじ1

砂糖 大さじ1

酒 大さじ2

味噌 大さじ2

小ネギの小口切り 大さじ1

 

【作り方】

①アケビは、中身をスプーンで取出し、4等分(大きいものは幅2cm程度)にカットして、湯気の立った蒸し器で2分蒸す。

②フライパンにサラダ油を引き、一口大にカットした牛肉・舞茸の順に加えて炒め、砂糖、酒に味噌を溶かしたものを加え煮詰める。

③煮詰まったら千切りにした大葉を加えて火を止める。

④器に茹でたモッテ菊を広げ、アケビをのせ、牛肉味噌をかけ小ネギをトッピングする。

 

【もって菊のゆで方】(モッテ菊300gに対して、水1.5ℓ、酢30cc使用)

1.5ℓの湯を沸かし、酢を加える。

もって菊を加え、箸でかき混ぜながら30秒間茹でたらザルに上げ、水にさらし水けを絞る。

 

*もって菊は酢を加えてゆでると色鮮やかに!

*牛肉を炒めるときはあまり動かさず焼くように炒めるのがポイント

 

「もって菊入りポテトサラダ」

 

【材料】(4人分)

ジャガイモ 中3個

ゆでたもって菊 100g

サラダちくわ 2本

マヨネーズ 大さじ5

酢 大さじ1

塩 小さじ1/2

コショウ 適量

 

【作り方】

①ジャガイモを皮ごと4等分しゆでる。

②ジャガイモが熱いうちに、酢・塩・コショウを加えてマッシャ―でつぶす。

③ジャガイモを冷まし、刻んだサラダちくわ・ゆでたモッテ菊・マヨネーズを加え混ぜ合わせる。

 

*ご家庭で作る通常のポテトサラダにゆでた菊を混ぜるだけなのでとっても簡単!

 

「モッテ菊をちりばめたクルミ寒天」

【材料】(4人分)

茹でたモッテ菊 100g

クルミ 50g

粉寒天 4g

砂糖  70g

醤油 大さじ1

水 500cc 

 

【作り方】

①クルミをすり鉢で好みの大きさまで擦る。

②鍋に水500㏄と粉寒天を入れよく混ぜ合わせて粉寒天が溶けたら火に掛ける。

③寒天液を掻き混ぜながら沸騰させ、沸騰してから1分経ったら砂糖、醤油、クルミを加えて混ぜ合わせ、火からおろし鍋ごと水に浸けて粗熱を取る。

④寒天液を型に入れゆでた菊を散らす。

⑤冷蔵庫で冷やし固める。

 

*ゆでた菊は寒天液の中に混ぜ合わせてもOK。その際は粗熱を取ってから最後に混ぜてください。

 

 

「もって菊と蒸しアケビの肉みそ」の詳しい作り方を動画でご覧いただけます!

 

 

《取材協力》

★食用菊農家 佐藤昭一さん(川西町)

★野菜ソムリエ 樋渡由美さん(米沢市)

 

 

今回ご出演いただいた野菜ソムリエの樋渡由美さんはご自宅で料理教室を開催!

内容は米沢の食材を使ったヘルシーで美味しいイタリアン!

興味のある方はぜひお問い合わせください!

時間:10001300

受講料:2000

人数:1~4名まで

*1週間ほど前にご希望の日時をご連絡ください

*お問い合わせはメールにて yumi_hiwatashi★yahoo.co.jp (を@に置き換えてください)

 

そして、樋渡さんご出演のラジオ番組「ベジタブル&フルーツガーデンハラクッチーナ」は

エフエムNCVおきたまGO!毎週金曜日のスイッチON♪内で1110から好評放送中!

こちらもぜひチェックしてくださいね!

 

 

 

 

関連情報Related Information

  • インターネットで今すぐ申し込む
  • お客様に最適な料金プランを診断する:料金シミュレーションはこちら